保険に入る必要はあるのか?

保険のキホン

あなたは、なぜ保険に入りたいのでしょうか?

何が起こるか分からない人生、「備えあれば憂いなし」のごとく保険に加入していれば、まさかの事態に遭遇しても心配はいらないと思われていますが…

そもそも、なぜ保険に入る必要があるのでしょうか?保険の存在意義を考えてみましょう。

保険の存在意義とは

今日は何事も無かったとして、10年後まで何も無いかは分かりませんよね。

少し怖いことを言うと、数時間後には交通事故にあうかもしれません。

そんなとき、その後の生活はどうするのか?

このように思いもよらない災難に出会ったとき、経済的負担に備えるために「保険」があるのです。

貯金があれば保険は不要?

万が一に備えて、普段からこつこつと貯金をしているという人もいるでしょう。

不測の事態に備えるという意味では素晴らしい心掛けですが、1億円の賠償責任が生じてしまったらどうでしょう?

貯金では間に合わないことがイメージできたのではないでしょうか。

やみくもに保険加入せず、厳選しよう

ただし、保険ならばどれでもいいから入っておけばいいと考えるのは大きな間違いです。

逆に、保険のために生活が圧迫される事態になっては本末転倒。

そのようなことがないように、家計の負担が少ない保険は何か、自分が加入すべき保険はどれかを判断できるようにしましょう。

保険のキホン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

同じカテゴリーの記事5件