子供の未来のための学資保険/最も返戻率が高い保険会社は?

子供の教育費、かなりの金額が必要になることはご存知だと思います。

しかし、教育にはお金がかかりますよね・・・。

この不景気な時代でも、子供には十分な環境で教育を受け、健康に成長して欲しい!

そんなときに役に立つのが、学資保険・子供保険です。

学資保険とは

子どもの学費(教育資金)を貯めるための保険です。

105%〜110%くらいまで増えるため、お子様が産まれたらすぐに加入しましょう。

学資保険は必要なの?

お金を貯める自信のある人や、既に充分な貯金がある人は不要です。

これから子どもの学費を貯めなきゃ・・・というご家庭は、加入しておいたほうがいいです。

学資保険と子ども保険の違いとは

子供が成長し大学まで進むとなると、教育資金もかなりの金額を必要となります。

そのような子供の将来の備えるための保険として、学資保険/子供保険というものがあります。

子ども保険とは

子供保険という言葉を使う人がいますが、正確にはそのような保険種類はありません。

子供が入る保険のことを、「子ども保険」と呼ぶ人が多いため、このような名前が根付いているのでしょう。

以下のような保険が、子ども保険と呼ばれています。

  • 教育資金をためる学資保険
  • 病気に備える医療保険
  • 万が一のための自転車保険
  • ケガに備える傷害保険

 

学資保険とは

学資保険は子どもの教育資金を積み立てる貯蓄性の部分を重視したタイプの保険です。

保険会社によっては、教育資金以外に、子供やその親の死亡保障や医療保障も含まれることもあります。

ただし、18年〜22年で失効してしまう保険なので、生命保険や医療保険は別途加入したほうが賢いです。

学資保険は、返戻率の高さで選ぶことをおすすめします。

子供の将来に備えるなら学資保険

学資保険では、入学や進学といった節目や一定の年齢になるとお祝い金(生存給付金)、保険期間満了時には満期保険金を受け取ることができます。

また、学資保険では契約期間中に親に万が一のことがあった場合、それ以降の保険料の払い込みが免除、育英年金が支給、生存給付金や満期保険金は受け取ることができるというものが多いようです。

さらには、子供が他人にケガをさせたり、他人のものを壊したりしたときに損害賠償を保障してくれる学資保険もあります。

2018年現在では、ソニー生命の学資保険が最も戻り率が高いようです。

詳しく書いているサイトがありましたので、ご興味ありましたら参考までにご覧ください。

【参考記事】ソニー生命・ソニー損保の学資保険は返戻率の高さでランキング1位・販売停止も近い?

どの学資保険が良い?お金が減る保険会社もある!?

学費を貯めるために加入しているのに、実はお金が減ってしまう学資保険もあります。

お金が増える!ソニー生命の学資準備金スクエア

2018年の今、最も返戻率が高いと言われているのは、ソニー生命・ソニー損保の学資保険です。

お金が減る!かんぽ生命「はじめのかんぽ」・アフラック「夢見るこどもの学資保険」

驚くかもしれませんが、逆にお金が減ってしまう学資保険もあります。

  • かんぽ生命(ゆうちょ)が販売する学資保険「はじめのかんぽ」
  • アフラックが販売する学資保険「夢見るこどもの学資保険」

郵便局やアフラックは有名な保険会社なのに、まさか元本割れするとは驚きですよね・・・

これも同じく記事がありましたので、興味のある方は見てみてください。

【参考記事】かんぽ生命(ゆうちょ)「はじめのかんぽ」は元本割れ/郵便局の学資保険

【参考記事】アフラック「夢見るこどもの学資保険」は元本割れ

まとめ:学資保険は返戻率で選ぼう

学資保険は子どもの学費を貯めるため大切な保険です。返戻率の高さで選びましょう。

各保険会社の中から最も増えるものを探すことが大切なので、以下のようなサイトでランキングを確認しておきましょう。

【参考記事】学資保険の満期返戻金の高さをまとめた一覧表

コメント