保険見直しのタイミングと必要性・無料保険相談は賢く使おう

保険の選び方

人生には、就職や結婚など、様々な変化が発生しますね。

その生活の変化に応じて、自分に必要な保険というものは変わります。

保険を見直す必要性や、タイミングを考えてみましょう。

保険を見直す必要性

現在加入している保険は、本当に自分に合ったものですか?

ライフステージの変化に応じて、自分に合った保険というものは異なってきます。

まず考えるべきこと

保険を見直す場合に、最初に考えるべきことがあります。

それは、現在加入している保険よりも保険料を安くしたいのか、それとも保障を充実させたいかということです。

現在加入している保険に満足であれば見直す必要はありませんが、無駄に高い保険料を支払っている、あるいは自分にとってメリットのない保険にお金を支払っているのなら、早急に見直しを図るべきでしょう。

保険見直しのタイミング

保険を見直すタイミングは人によって異なりますが、次のような場合が多いようです。

結婚したとき

独身時代とは異なり、配偶者の保険も考慮する必要があります。

例えば、夫が収入を担う場合、万が一のときの生活費を考えた保険に加入すべきです。

妻の医療費は夫が働いている会社の健康保険でカバーできるので、その分のお金を貯蓄に回すのもいいかもしれません。

妊娠や出産のとき

子供の誕生は、死亡保険に加入する一番のきっかけといえます。

親としての責任も大きく、子供の将来を考えて見直す必要があります。

資金的な余裕があれば、学資保険(子供保険)に加入するのもいいかと思います。

年収が増減したとき

例えば収入が減ったならば、最低限必要な保障を残すといった見直しをすべきです。

逆に収入が増えた場合、高額療養費制度の自己負担額が増える、遺族基礎年金がもらえなくなるので(共働きの妻の年収が850万円超)、考慮する必要があります。

家を購入したとき

住宅ローンに加入したとき、ほとんどの場合は団体信用生命保険に加入することになります。

団体信用生命保険とは、ローン返済の途中で万が一のことが起こったときでも、保険会社が住宅ローンの残高を支払う制度です。

そのため、死亡保障の額の見直しなどが考えられます。

子供が独立したとき

子どもが経済的に独立しているのであれば、必要な保障に絞り込んだり、老後を考えて医療保障の見直しをするのもいいでしょう。

保険の満期や更新のとき

当然ですが、保険の満期や更新は見直しのチャンスです。

年齢を考えて定期型を終身型に変える、保険を追加するなどといったことが考えられます。更新の場合、更新時の年齢を基に保険料が再計算される点には注意が必要です。

保険見直しの方法

保険会社の社員では、所属する1社だけの保険しか販売していません。

保険会社20社以上を比較できる、保険ショップや、ファイナンシャルプランナーへの無料相談を使いましょう。

以下のサイトは、しっかり口コミ分析をしてくれているので情報源として信頼できそうです。

保険見直しができる保険ショップ・無料保険相談サービスの比較(口コミ評判の分析有り)

コメント